倉沢山

 2018-04-04
この時期の安定した天気を狙って仲間のガイドと倉沢山に行ってきました。秋田県と岩手県の県境付近の秋田側、仙北市です。登山道はないので、登るためには藪漕ぎ、沢登りまたは今回のような雪の上を行くことになります。今の時期は雪が締まって行動しやすく、通常の雪山の注意を守ればロープ、ピッケル、アイゼンなどが必要になるような特に危険な箇所はありません。
乳頭温泉郷の蟹場温泉から入山し、県境縦走路に沿って曲崎山付近まで行き明通沢の源頭部まで下りて倉沢山が連なる尾根に取り付きました。

大白森から見た倉沢山方面 
2018040412.jpg

山頂に連なる稜線からの倉沢山 奥に見えているのは森吉山2018040446.jpg

山頂から焼山方面。
2018040466.jpg



山頂から南側を見ています。曲崎山を挟んで秋田と岩手の大白森、奥は秋田駒。
登山口から山頂まで片道約18キロ。日帰りするのは厳しいので帰路は同じコースを大白森山荘まで戻り一泊します。
2018040464.jpg

大白森山荘。夕方薄暗くなったあたりにやっとたどり着きました。
2018040421.jpg

初日は好天でしたが二日目は天気は下り坂で雲が出てきました。
2018040491.jpg

午前中に登山口まで戻り、帰りの車は雨でした。
これから、しばらく残雪期は登山道のない山に登るには良い時期です。
                                                   by HTP



カテゴリ :秋田の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

七座山

 2017-09-20
秋田県北、能代市の七座山に行ってきました。七座山、読みは「ななくらさん」です。

057201709.jpg

里山の部類に入る山ですが標高の割にはのぼりでがありました。
山頂は林にかこまれて展望はありません。039201709.jpg
山頂から少し下った場所に展望台があって白神方面のビュウポイントになっています。
藤里駒ヶ岳からの白神山地が連なっています。
061201709.jpg

山の裾を囲むように流れる米代川。
060201709.jpg

登山道は樹齢三百年クラス、普通の神社であればすべて御神木になるような天然秋田杉の森の中です。071201709.jpg
足元のにはまだ秋に花。201700916.jpg

これからは紅葉も始まって里山が良い季節になりますね。
                                                                  by 風魔
カテゴリ :秋田の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

八幡平 栂森

 2017-05-04
連休、北東北は好天が続いています。八幡平アスピーテラインの雪の回廊を抜け後生掛温泉から焼山方面へ。DSCN5755-1.jpg

ブナの疎林の中を登っていきます。
DSCN5758-2.jpg

八幡平、畚岳方面です。
DSCN5766-2.jpg

栂森の斜面を適当に食い荒らして後生掛温泉に戻りました。
DSCN5781-2.jpg

今日の後生掛温泉は大混雑でした。

                                                                 by HTP

カテゴリ :秋田の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

鳥海山猿倉登山口

 2017-05-01
KIMG0012-1.jpg
連休スタートしましたね。
取りあえず鳥海山へ。祓川の駐車場はほぼ満車だったので猿倉登山口からスタートしました。
晴れていましたが、風が強く山頂の稜線は雪煙が舞っているのがはっきり見えていました。
前日に降った雪で山は真っ白です。KIMG0015-2.jpg
これからは雪の融け際からいろいろな花が咲いていくのですが今日はこれだけ。

KIMG0018-2.jpg
猿倉登山口の駐車場です。
登っていくと次第に風が強まり山も霞んできて天候悪化の兆しです。
頂上までは行かず下山しました。

by HTP

                                                          
カテゴリ :秋田の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫