ビーコン トレーニング

 2017-12-14
今は閉鎖されてしまった八幡平スキー場。御在所温泉の駐車場付近ですでに1メートル以上の積雪です。軽く乾いた極上のパウダースノー。「この素晴らしい雪を滑らず放置するのは犯罪である」、とばかり県外組を含めて数チームが前山や旧スキー場方面に入山していきました。
が、それを横目で見送った私たち北東北山岳ガイド協会雪山チームはかねてから予定していたシーズン初めの雪崩対策、ビーコントレーニングを行いました。
2017121301.jpg

ビーコン、ゾンデ棒、スコップが雪山の三種の神器です。ビーコンはいまはアバランチトランシーバーとよばれることが多くなっています。
2017121303.jpg

そのアバランチトランシーバーは毎シーズンごとに新型が発売され機能が向上しています
2017121602.jpg
不幸にして雪崩に巻き込まれてしまった場合残ったメンバーが捜索作業をやるわけですが進化したトランシーバーに合わせて捜索の方法も進化しています。
2017121304.jpg

埋没者の掘り出し、救出も進化し続けています。2017121305.jpg
雪崩に遭ってしまった場合は沈着、冷静、迅速な対応が求められます。
この時期雪崩対策の講習会はあちこちで開催されますので参加することは有意義です。

                                             by 鱸
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

朝島山

 2017-12-03
昨年は年末に雪が少なくスキー場のオープンが遅れ、気をもみましたが今シーズンは順調に雪が降りスキーシーズンが始まりました。高山はすでに完全な冬山なので近場の里山ということで盛岡市近郊の朝島山へ。03620171203.jpg

低山とはいえ山頂は薄っすら雪化粧です。02520171203.jpg

北上川をはさんだ対岸の紫波三山。こちらは奥羽山系に近いので少し積雪があります。
01520171207.jpg

近くの一等三角点の山 黒森山です。
02320171203.jpg

葉が落ちた今の時期は周囲の景色が見やすいですね。この日は雲がlかかっていた岩手山方面。
01420171203.jpg

この山域は登山道も手入れがされ標識も整っています。
00620171203.jpg
本格的な冬が来る前に低山散策に行きましょう。
                                                   by 風魔
カテゴリ :岩手の山 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫