ビーコン トレーニング

 2017-12-14
今は閉鎖されてしまった八幡平スキー場。御在所温泉の駐車場付近ですでに1メートル以上の積雪です。軽く乾いた極上のパウダースノー。「この素晴らしい雪を滑らず放置するのは犯罪である」、とばかり県外組を含めて数チームが前山や旧スキー場方面に入山していきました。
が、それを横目で見送った私たち北東北山岳ガイド協会雪山チームはかねてから予定していたシーズン初めの雪崩対策、ビーコントレーニングを行いました。
2017121301.jpg

ビーコン、ゾンデ棒、スコップが雪山の三種の神器です。ビーコンはいまはアバランチトランシーバーとよばれることが多くなっています。
2017121303.jpg

そのアバランチトランシーバーは毎シーズンごとに新型が発売され機能が向上しています
2017121602.jpg
不幸にして雪崩に巻き込まれてしまった場合残ったメンバーが捜索作業をやるわけですが進化したトランシーバーに合わせて捜索の方法も進化しています。
2017121304.jpg

埋没者の掘り出し、救出も進化し続けています。2017121305.jpg
雪崩に遭ってしまった場合は沈着、冷静、迅速な対応が求められます。
この時期雪崩対策の講習会はあちこちで開催されますので参加することは有意義です。

                                             by 鱸
カテゴリ :その他 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫